海好き、ジャングル好き。テーマはなく写真メイン(お気に入りをUP)です。


by sister_goldenhair

カテゴリ:地球(生物多様性)について( 6 )

昨日、静岡に用事があり、日本平動物園のシロクマ「ロッシー」の3歳のお誕生会があるというので、寄ってみました。
b0168684_0181299.jpg

ロッシーは子供だけじゃなくて、
大人達にも人気があります。
愛嬌たっぷりで、皆が大好きなロッシー。
b0168684_0143117.jpg

ロッシーは食べ物に食いっぱぐれることはありませんが、
一生この狭い館からはでることできません。
凍てついた原野をお腹をすかせて歩くこともありません。
どちらが幸せか?
動物園には動物園の役割があります。
b0168684_0144940.jpg

b0168684_015353.jpg

地球温暖化の影響で、一番最初にダメージを
受けているという北の寒い国の生き物たち。
2100年には、4〜7度上昇して、北極の氷が完全に融けるかもしれないそうです。
もし、氷が溶けてしまったら、野生動物、植物、生き物すべてに影響がありますね。
今の子供達が大きくなっても
シロクマ達が元気に
生きていけるように願わずにはいられません。

クリスマスが近いですが、
どうぞ、イルミネーションは少しの時間の点灯にしてください。
口を拭くのに、ナプキンをたんまり取らないで、
どうか、ハンカチを持ち歩いてください。
トイレで手を拭くのはハンカチでお願いします。

ここに書いたこととは関係ありませんが、
どうか、手触りがいいとか、暖かいということなどで、
毛皮製品を新たに購入をしようと言うあなた、ちょっと考えて。
暖かいお住まいでで必要ですか?
動物の命を奪っての製品です。
豚や、牛といっしょじゃんなんて言わないで。
奪わなくてもいい命なら救ってください。
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-11-28 23:58 | 地球(生物多様性)について
b0168684_23531480.jpg
b0168684_23532976.jpg
b0168684_23535568.jpg
b0168684_23553448.jpg

b0168684_018736.jpg

キナバタンガン川というのは、
マレーシアのサバ州、サンダカンに近い方にあります。
広い所では、何十メートルも対岸まである大きな川です。
10年ほど前は水は澄んでいましたが、
今では、いつ訪れても茶色で濁っています。
森の木を切ってしまったために土が流れ出てしまうんですね。
その木の60%強が日本に輸出されました。

そして、その森だったところには、
今では、アブラヤシのプランテーションが覆い尽くしています。
アブラヤシからは、安価な植物性オイルが取れ、
ポテチや、マーガリン、石鹸、化粧品にいたるまで、
日本で生活していく上で、欠かせない商品に使われています。
アブラヤシからできる、パーム油はマレーシアの主要産業です。
野生生物を守るためにアブラヤシを植えるななんて言えませんね。
それこそ、先進国のエゴです。

元は、熱帯雨林で、野生生物も自然豊かに暮らしていました。
でも、今では、野生生物が暮らせる場所が、非常に少なくなり、
動物達は追い詰められています。
食べるものがないゾウがアブラヤシの実を食べてしまい、
農家にとっては獣害となり、撃ち殺されたりします。
オランウータンや、テングザルの住む森も無くなっています。

そこで、BCTでは、緑の回廊募金を始めました。
http://www.bctj.jp/
生物多様性保全のために、保護区と保護区を結び野生動物が生命をつなぐ「ボルネオ緑の回廊」をつくり、地元の人々が持続可能な資源活用やエコツアーなどをできるようにし、アジアの市民や子どもたちに環境教育を通じて生物多様性の重要性、持続可能な社会のあり方を伝えることで、人間と自然が共生できる持続可能な地球環境を次世代に引き継いでいくことを目的にする。

私にできるのは、
●啓蒙活動
●自らの募金
●現地へ行き、現地の方の現金収入となる
●企業の利益の一部を森に還元している商品を選ぶ

皆さま、ご協力をお願いします。
200円で畳1枚分の森がプレゼントできます。
---郵便振替口座
---加入者名 ボルネオ緑の回廊基金
---口座番号 00160-9-595712
http://www.bctj.jp/support/support.html

野生生物が危ないのは、ボルネオだけではありません。
私が一番見てきた森の危ない状況を
ただ、見てきただけで終わらせたくないので、
ボルネオにこだわります。
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-09-20 00:01 | 地球(生物多様性)について

ネッタイチョウ

b0168684_22515449.jpg

シラオか、アカオネッタイチョウの若です。
まだ、空を飛ぶことができません。

飛ぶことのできない野生の鳥がいる島で、
犬を飼うのことの難しさを痛感しました。
アカオでしたら、絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)となります。

家族の一員、番犬としての犬は
人間にとっては、かかせないものです。

しかし、野生の生物にとっては、
脅威の他の何者でもないわけです。

私も知らないで、一度犬達と一緒にジャングルの中へ入って行きました。
そしたら、鳥(死骸かはわからない)を食べていました。

ジャングルの中に入る時は、リードでつなぐとか(難しいか)、
厳しく鳥を食べてはいけないとしこむか、連れて行かないなど施さなければいけないと思いました。

人間と自然との共存を考えるよい機会となり、勉強させられました。
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-05-13 23:06 | 地球(生物多様性)について

Earth Hour



「Earth Hour(アースアワー)」は、世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すことで、地球温暖化を止めたい!という思いを示す、国際的なイベントです。
2010年は、3月27日の午後8時30分から9時30分まで、さまざまな国の人たちが参加して行なわれます。ぜひご参加ください!


「今こそ温暖化の防止を!」思いを表す「Earth Hour」
http://earthhour.wwf.or.jp/
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-03-25 14:42 | 地球(生物多様性)について

南の島の現実

b0168684_23455532.jpg


温暖化を食い止める
どうすればよいのか。
一人で騒いでも、あまり前には進まない。

先日の国連気候変動コペンハーゲン会議で、
小さな南の国の代表者がいくらお金をもらっても、
国が海の下に沈んでしまってはどうにもならないというようなこと言われていたことに
衝撃をうけました。。

国が消滅しちゃうなんて。
大地震など、自然災害じゃなくて、人間のせいでですよ。

エコな生活を心がける。
無駄を省く。
再生できるものは、再生する。
便座はふたをするだけで、二酸化炭素をこれだけ減らすこと出来ますと勤務先のトイレにかいてあります。
子供の頃、エアコンなんてなかったよ。
でも、この便利な世の中、昔の生活に戻すなんて難しいです。
風力発電いいですね。

まずは、自分のできることからはじめよう!
いろんなこと出来ると思います。
こんなこともあります。
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-02-16 00:09 | 地球(生物多様性)について

この子の未来は?

b0168684_222178.jpg

写真だけをみると、ただのかわいい子ゾウです。

この子は、ボルネオのキナバタンガン川沿いに暮らしています。
まわりはパームオイル(アブラヤシ)のプランテーションで、
自然林(と言っても二次林ですが)は、川沿いのわずかな部分にしかもう、残っていません。
ひどい所は、プランテーションで自然林は寸断されています。
餌を求めて、彼らは行ったり来たり川を渡らければならない時もあります。
川にはワニが住んでいて、時には餌食になってしまうこともあるでしょう。

b0168684_23501244.jpg

TV撮影?が入っていた。
ここは、林はなく、開けてしまっています。


そこで暮らす人間にとって、ゾウはパームイオルを食い荒らす悪物です。
罠をしかけられたり、鉄砲で威嚇されたり、ひどいと撃ち殺されたり。。。

この地域(マレーシアのサバ州キナバタンガン川)は、動物観察に観光客がたくさん訪れます。
動物を観察しやすい環境なんです。
なぜかと言いますと、動物たちの住処は、川沿いのごく限られた部分しかなく、
川をボートで行き来するだけで、多くの生物に出会えるからです。
観光客にとっては、喜ばしいことです。
でも、これってなんか間違っていませんか?

パームオイルはマレーシアの主要農産物(輸出物)です。
収入を得なければ、そこに暮らす人達は生計を維持できません。
自然を守るためにアブラヤシを植えるなとは言えません。
それこそ、先進国のエゴです。

ゾウだけを救えと言っているのではありません。
野生の生物はもはや、守って行かないと絶滅の一途をたどっています。

それに気付くのが遅かったと手遅れにならないうちに、(いやもう、結構手遅れかも。。。)
なにか手を打たないと。

一人の力ではたいしたことないけど、
小さな力がたくさん集まれば
良い方向へ少しでも向かえると、思います。

微力ながら、
たとえば、再生紙をなるべく利用する。
植林活動に参加するとか、
WWFに募金するとか。
私は、何回か行ったことあるボルネオに
非常に関心ありますので、
ボルネオ保全トラストに賛同しています。
パームオイルを使って洗剤を作っている企業に賛同しろってのもおかしいですが。
マレーシアの経済を見る限り、パームオイルなしにやっていくということは、もう考えられれない状況です。
途上国はその傾向が強いですが、どこでも我々人間にとって、野生生物の保全が人間の生活よりも重視されるべきであるということはとありえないと思います。
ということで、やはり重要なのは、保全すべきところは保全し、その保全によって便益を得、経済的に利用すべきところは、保全地域に最小限の影響となるようにすることが重要なのではないでしょうか。
なんか、お金が裏でちらちらしますが、難しい問題です。

間違った表現ありましたらご指摘お願いします。
[PR]
by sister_goldenhair | 2010-02-09 22:47 | 地球(生物多様性)について